nlpとはコミュニケーションの向上を図り目標を叶える手段

レディー

農地の相続で悩んだら

微笑む女性

優良資産に変える

市街化区域内にある500平方メートル以上の農地は、災害防止や環境保護の観点から、生産緑地の指定を受けることがあります。生産緑地は固定資産税が宅地の数百分の一にまで減免され、相続税も猶予されますが、相続者には営農の義務が生じます。農業をやめてしまった瞬間、それまで猶予されていた相続税が、長年の利息と一緒に課税されます。そのため農業をやめたくてもやめられない場合があります。生産緑地には特別の許可がなければ建物を新築できず、運用が難しいという問題もあります。生産緑地を解除して宅地に転用するか、売却するか、迷ったときに専門的なアドバイスを受けられるコンサルタントがあります。過重な税負担を軽くし、余った土地を優良資産に変えられるのがメリットです。

法律面や税制面の制約

生産緑地は農地に分類されるので、営農者以外に売却することができません。生産緑地を解除して普通の農地にするには、指定から30年以上が経過していることや、所有者が死亡・病気などの理由で農業に従事できないことを証明しなければなりません。普通の農地にしても売却は難しく、宅地に転用すれば売りやすくなる反面、税金の問題が生じます。このように生産緑地には法律面や税制面で多くの制約があるため、指定や相続には注意が必要です。どのような方法を採れば最も有利なのかは、それぞれのケースによって異なります。後継者がいない場合や、耕作するつもりのない農地を相続した場合など、複雑な問題が発生した際には、専門家に相談することをお勧めします。また、専門家の中には生産緑地に関するセミナーなどを行なってくれるところもあります。このような教育を受けることでより詳しくなり利用する時に対処方法が判断しやすくなるでしょう。