nlpとはコミュニケーションの向上を図り目標を叶える手段

レディー

言葉の発達を支援する

ナース

言語聴覚士とは、ことばの障害を持つ人のリハビリを支援する専門家のことです。言語聴覚士になるには、3年制または4年制の大学、短大または専門学校を卒業してから国家試験を受験するのが王道です。大学などで指定科目を履修してから専門の養成学校で学ぶという方法もあります。言語聴覚士は国家資格とされたのが1999年と最近のことであるため、まだ専門課程のある学校は多くありません。そのため、言語聴覚士を目指したいと考えているならば、専門課程のある学校を探すのが第一歩となります。3年制の学校ならば学費も安く早く試験を受験できますが、4年制の学校ならばより深く知識を深めることができます。どちらが自分にあっているかをよく考えて選ぶ必要があります。

言語聴覚士は新しい資格のため、専門課程のある大学なども少なく、求人も少ないという特徴があります。ですが、対象となる患者は、発達の遅れのある子供や病気により言葉の障害がある人だけでなく、高齢により言葉の機能が落ちていっている人も対象です。高齢化の進展という背景もふまえるとニーズは低くありません。働く場所も、医療関係、福祉関係、保健関係などバリエーションは広いです。病院ひとつとっても、小児科、耳鼻科、リハビリテーション科、神経内科、脳外科など幅広い分野で必要とされています。病院以外にも、特別支援学校、保健所、老人福祉支援施設など働く場は様々です。そのため、社会的なニーズからも今後は求人数が増えることが予想されます。